WEBサイト制作のタイプや業者の選び方

WEB制作・運用

WEBサイトの制作タイプは慎重に選ぶ

WEBサイトのタイプはビジネス上の目的を達成するために適切なものを選択し運用するものです。目的が不明確なままにWEBサイトのタイプを選択してしまうと、その後の運営方法が大変になり、成果が出ない結果となります。
その為、「ビジネスの目的」は何か、「達成するために必要な仕組み」は何か、をよく検討したうえでWEBサイト構築のタイプを選ぶようにしましょう。
今後、戦略的コミニケーションの手段としてWEBサイトの重要性が高まっていくため真剣に考えるべきです。

WEBサイトの制作タイプを選ぶ際の視点

WEBサイトの制作タイプを選ぶ際の主な視点は以下の様なものがあります。BtoBかBtoCか、業種、ビジネスのゴール、自社にあるノウハウ、予算、等です。

WEBサイト制作のタイプ

特徴をおさえて制作タイプを選ぶ

分類 名称 内容・特徴
オープンCMS型 Word Press 世界で圧倒的なシェアを持つ
HTML・CSSの知識があれば、高機能なWEBを作成・運用することが出来る
<メリット>
カスタマイズ制が高い
自社更新も可能
<デメリット>
カスタマイズに知識が必要
システム利用型 JIMDO、WIX、Goope、Strikingly、Weebly、Google Sites、Ameba Ownd等 企業がWEBサイトを利用できるサービスをパッケージとして提供するもの
作成・更新がし易いのが特徴
<メリット>
操作が簡単で自社更新がし易い
<デメリット>
カスタマイズに制約がある
スクラッチ型 Dreamweaver等の専用ソフトを使用し業者が制作 <メリット>
完全オリジナルのWEBサイトを作成できる
<デメリット>
自社での更新が難しい

*以下はECサイト専用のタイプ

分類 名称 内容・特徴
ECサイト専用 BESE、STORES.jp、カラーミーショップ、Eストアー 商品の買い易さ重視
<メリット>
複数商品の販売に適している
商品を買い易い
<デメリット>
SEOやブランディングが弱い
BtoBには向かない

業者を選らぶポイント

対面で信用できそうかを確認する/p>

WEB制作の場合、受注して「マージンを差し引き外注に丸投げ」というケースが多々あります。必ず制作者と話して疑問点を解消するようにするべきです。
WEB制作の品質は、企業ではなく個人のスキルやセンスに大きく依存します。

継続サポートが得られるかを確認する

継続サポートの体制を確認しておく必要があります。
ある企業は、これまで取引があった印刷会社にWEB制作を依頼しましたが、WEB担当者が辞めたため、更新が出来なくなりました。

制作スケジュールを確認する

WEBサイトの制作、リニューアルのスケジュールを業者と取決めます。スケジュールに具体性がない場合は注意が必要です。とりあえず契約しておいて丸投げ出来そうな業者を探すといった悪いケースも耳にします。
一般的にはは以下の様なスケジュール表を共有します。

西川 智哉

1978 年生まれ、大学卒業後化学品製造会社、専門商社で勤務。営業、開発、総務、企画の業務を経験。経営コンサルタントとして、年間400超の案件及び経営相談を...

プロフィール

関連記事一覧