Facebookページの適切な画像サイズについて

インターネット活用

Facebookページで一番目立つ画像

新規ユーザーがFacebookページに訪問した際に一番目立つのがカバー画像です。
Facebookページに訪問した際に一番最初に目に飛び込んでくる画像です。
この画像がいまいちですと、「いいね」の数が伸びません。
誰が見ても、どんなページなのかが一目で分かるようにデザインやキャッチコピーでPRすることが重要です。

適切な画像サイズにする

せっかく作成したカバー画像もスマホやPCで適切に表示されなければ話になりません。
その為には、画像サイズのルールを守る必要があります。

最適な画像サイズは、スマホとPCで異なります。

スマホ 640×360pix
PC 820×312pix

その為、カバー画像のサイズは820×360pixで作成します。
実際にスマホ、PCで表示してみて、重要部分が隠れていないかも確認する必要があります。

Facebook広告や投稿時の画像サイズ

ビジネスでFacebookを活用していく際には、広告の活用や投稿が重要になります。
その際も適切な画像サイズにすることが重要になります。
また、FB公告のテキストは全体の20%以下というルールもあり、「Facebook画像テキストチェック」を利用して確認します。

「Facebook画像テキストチェック」を利用

Facebook画像テキストチェック、を利用すれば、作成した画像のテキスト部分が20%以下に収まっているかを確認することが出来ます。
https://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay

種類別Facebook広告の画像のサイズ

広告の種類により画像サイズが異なります。主な画像サイズは以下の通りです。

種類 サイズ
WEBサイトへの誘導 1,200×628pix
アプリのインストール 1,200×628pix
投稿への誘導 1,200×900pix
ページへのいいね 1,200×444pix
イベント参加 1,200×444pix
カールセル広告 600×600pix

投稿時の画像サイズ

投稿時の画像サイズは主に以下のようになっています。

種類 サイズ
PC表示 470×394pix
スマホ表示 628×628pix
ブログなどがシェアされたときに表示される画像(OGP) 1200 x 630pix

西川 智哉

1978 年生まれ、大学卒業後化学品製造会社、専門商社で勤務。営業、開発、総務、企画の業務を経験。経営コンサルタントとして、年間400超の案件及び経営相談を...

プロフィール

関連記事一覧