検索上位を狙うSEO対策の重要性

SEO対策

検索で上位表示された際の圧倒的パワー

SEO対策により検索上位を獲得する理由は、圧倒的にコンバージョン(売上)が伸びる事です。例えば、営業マンを置かなくても問合せがどんどん入ってこれば利益率が大幅に上がります。
また、メディアとして大きな価値をもつ(広告収入)事もあります。

自然検索、リスティング広告の表示場所

GoogleやYahooといった検索サイトで検索した際、一覧で表示されるのは「広告」と「自然検索」の情報があります。
下記の図は、Googleでの検索結果ですが、一般的には、「リスティング上部」、「自然検索上位」「自然検索下位」「リスティング下部」という順番で表示され、分けることが出来ます。
その際に検索上位部分(1~5位)のクリック率は約86%と他と比較して圧倒的に高い状況となります。
この数字がダイレクトにビジネス上の評価となるわけではありませんが、インパクトが非常に大きいのは事実です。

検索エンジンを理解する

検索による流入割合は大きい

ビジネスにおける流入を考えた際、「検索」からの流入は全体の60%程度といわれており、SNSの活用が増えている状況においても、依然大きな割合を占めています。また、Google、Yahooの割合が、PC、スマホ共に大きく、この2者への対策がSEO対策として重要になります。
更に、現時点でYahooはGoogleの検索エンジンを使用しているため、SEO対策=Google対策ということになります。

SEOとリスティング広告の効果の特徴

SEOは手間と時間が掛かる

リスティング広告は「広告費」が掛かりまが、即効果が期待できます。一方で、SEOは「手間」が掛かり「時間」が掛かります。
ビジネス戦略上は、SEOやリスティングを単独で実施することも、両者を組合わせて相乗効果を狙っていく事もあります。
SEOは一定ラインを超えると二次曲線的に伸びますが、それまでは費用対効果が悪いため、途中であきらめている企業が多いです。つまり、諦めずに継続する事が重要になります。

検索エンジン動きと対応策

検索エンジンの動き方を知り対応する

検索エンジンは、クローリング(巡回する)、インデックス(整理・格納する)、スコアリング(採点する)という行動を繰返します。
そして、スコアリングでは、200以上の評価項目に基づき採点しています。これら全てに対応するのは不可能であるため、優先度の高いSEO対策を実行していく事になります。

SEO対策の基本体系

SEO対策において重要なことは、まず、「外部対策」「内部対策」があるということです。そして、それぞれ「攻めの対策」「守りの対策」があります。

検索エンジンは、クローリング(巡回する)、インデックス(整理・格納する)、スコアリング(採点する)という行動を繰返します。
そして、スコアリングでは、200以上の評価項目に基づき採点しています。これら全てに対応するのは不可能であるため、優先度の高いSEO対策を実行していく事になります。

SEOで最も重要なコンテンツ制作

日記タイプではなく専門書タイプを目指す

SEOで最も重要なのがコンテンツ制作ですが、日記タイプではなく専門書タイプを意識して制作する必要があります。
つまり、検索者が知りたい情報を検索した際に「日記タイプ」で得られる情報が部分的になりますが、「専門書タイプ」では関連情報も含めて役に立つ情報をまとめて受取ることが出来きます。
この様にユーザーの利便性に役立つコンテンツはGoogleから高い評価を受ける事になります。

Googleの検索サジェストを参考にする

Googleで検索した際に、以下の様に関連キーワードがサジェストとして一覧で表示されます。このキーワードは実際に他のユーザーが多く検索している内容になります。この様な関連キーワードから検索のニーズを考え、コンテンツ制作に活かすことが必要です。また、「Google トレンド」「キーワードプランナー」等を使用しキーワードを選定しコンテンツ制作に活かすことも有効です。
つまり、ユーザー視点で考え、検索ニーズや使用されているキーワードを把握しコンテンツ制作をしていく事が重要です。

西川 智哉

1978 年生まれ、大学卒業後化学品製造会社、専門商社で勤務。営業、開発、総務、企画の業務を経験。経営コンサルタントとして、年間400超の案件及び経営相談を...

プロフィール

関連記事一覧