ホームページ更新費用の相場と注意点

WEB制作・運用

この記事の目次はこちら

ホームページ更新業者は費用だけで選んではいけない

ホームページの更新は何のためにするかといえば、おそらくターゲット顧客に対して情報を発信するためではないでしょうか。
そして、ターゲット顧客にホームページを見てもらうためには、検索してもらわなければいけません。

そして、これを実現するためには、キーワードの選択などSEOを踏まえた更新をしていく事が重要になります。

例えばブログの更新等であれば以下の様な対応が必要となってきます。

・キーワードの選定
・SEO、PRの視点から文書作成
・イメージ図の作成

ホームページ 更新費用の相場について

ホームページ更新費用の相場は対応するサービス品質によって異なります。概ね以下の通りになります。

・言われた通りに更新するだけ 2万円/月
・画像などの加工追加も実施 3万円/月
・SEOや訴求文のコンサルまで実施 5万円/月

依頼当初から3年とかの長期の契約を結ぶより、半年単位とか一定期間で契約を更新していく方が良いでしょう。

ホームページ更新はビジネスモデルに適した対応を

ビジネスモデルによってはホームページ更新が無意味になる

やはりビジネスに適したホームページ更新をしていく必要があります。商品の特性や顧客の特徴によっては、ホームページの定期更新よりも業界紙への露出やSNSでの拡散、ディスプレイ広告といった施策の方が有効であることもあります。

ある製造企業はひたすらブログを更新し続けていましたが、商品の特性により全くターゲット顧客へのPRに貢献していない事が判明し、営業施策を変更するに至りました。

ホームページ更新を外注するリスク

ホームページ更新を外注するリスクも同時に検討するべきです。以下のリスクは実際によく発生しているものです。

・セキュリティーのリスク
・過剰請求のリスク
・事業中止のリスク

ある企業はファイルサーバーの知識が不十分であり、本来公開してはいけない情報を公開してしまうという事故を発生させてしました。発覚してから急遽取消したため大事にはなりませんでしたが十分な注意が必要です。
ある企業は、画像更新、ライティング、コーディング、等の作業を分割し、低価格を売りにしていましたが外注比率が高いせいなのか積上げるとサービス品質の割に価格が高額という事がありました。
あるデザイン企業は、ホームページ更新サービスをしていましたが担当者が転職してしまったので、ホームページ更新事業を中止しました。この様に外注頼みで運営しているホームページ更新企業も多くいるため注意が必要です。

ホームページ更新業者の選定基準

ホームページ更新業者は外注活用や下請等が多い業種です。その為、制作担当者と直接会って信用できるかを確認する以外に方法はありません。
インターネットに関するサービスですがこの点はアナログ的な人と人の信用が最も重要になりますね。

西川 智哉

1978 年生まれ、大学卒業後化学品製造会社、専門商社で勤務。営業、開発、総務、企画の業務を経験。経営コンサルタントとして、年間400超の案件及び経営相談を...

プロフィール

関連記事一覧