小冊子制作で人材募集力を向上するポイント

営業力向上

この記事の目次はこちら

人材募集は媒体毎に特徴がある

人材募集の媒体は様々なタイプがあります。

・無料系では「ハローワーク」「Indeedの(無料掲載)」
・ソーシャルリクルーティングと言われるSNSを活用した募集
・求人広告では、リクナビNEXT、マイナビ転職、エン転職、Indeed(有料掲載)等

それぞれの媒体で獲得できる人材のレベルは様々です。人材募集の手段にやはり費用や手間をかけると良い人材を確保できるという事になりますが、他社と同様のやり方をしていては人材獲得コストが増加していきます。
また、せっかく採用しても退社してしまえば採用コスト・教育コストが無駄になりますので、マッチングの精度を上げる事が最も重要になります。

求職者の動機から対策を考える

求職者が就職活動や転職活動をする動機は様々です。「給与を多く貰いたい」「スキルを身に着けたい」「より充実した仕事をしたい」といったポジティブなものから
「人間関係でつまづき転職したい」「今の仕事が合わないので変えたい」等です。

ここで、求職者へのアプローチ方法においてマズローの欲求5段階説等が参考になります。これは、生理的欲求から自己実現の欲求まであり、求職者毎に異なります。やはり仕事は日々継続する事なので、より高度な欲求である「自己実現の欲求」を少しでも仕事の中に見出せるかがポイントとなります。

小冊子制作で人材募集力を向上させるポイント

ビジョンや経営方針に共感した人材が役に立つ

人材募集をする際にどのような人材が貢献するかを考えた時、例えば、
・能力が高い人材
・経験が豊富な人材
・体力のある人材
様々な視点があると思いますが、最も重要な視点が
自社のビジョンに共感できるか
という視点になります。

どんなに優秀な人材であったとしても自社のビジョンや方針に共感できなければモチベーションは上がりませんし、いづれ退社するリスクも高まることになります。

その為、小冊子では自社のビジョンや経営方針などは丁寧に伝える必要があります。

仕事内容や将来性で選ぶ人材のポテンシャルは高い

求職者は当然「給与面」を意識して職を探します。但し、それだけでは企業で貢献する人材とはいえません。将来の成長や仕事内容に楽しみが持てるから高い士気で仕事に取組むといえます。

その為、小冊子制作では「創業の歴史」「企業紹介」「職場紹介」等を写真を活用して分かり易く記載する必要があります。

訴求力が高い小冊子、E-BOOKのサイズ とは
https://bti.tokyo/b-51

西川 智哉

1978 年生まれ、大学卒業後化学品製造会社、専門商社で勤務。営業、開発、総務、企画の業務を経験。経営コンサルタントとして、年間400超の案件及び経営相談を...

プロフィール

関連記事一覧