リスティング広告のマッチタイプについて

インターネット活用

マッチタイプは、検索連動型広告において、対象範囲を広げたり絞ったりすることを可能にするものです。

以下の4種類があります。

完全一致
フレーズ一致
絞り込み部分一致
部分一致

例えば、「英会話 教室」という組合せで設定すると以下の違いが出ます。

マッチタイプで使用する記号

マッチタイプの設定では、以下の記号が使用されます。これはGoogle、Yahooで共通です。

完全一致

検索ワードと、設定したキーワードが完全に一致する場合に広告が表示されます。

フレーズ一致

検索ワードと、設定したキーワードが同じ語順の場合に広告が表示されます。

絞り込み部分一致

検索ワードに、設定したキーワードが含まれる場合に広告が表示されます。

部分一致

検索ワードと、設定したキーワードの関連性が高い場合に広告が表示されます。

キーワードの見直しで広告効率の向上

主な改善方法は、

検索語句レポート、を活用しキーワードの見直し
除外キーワードを設定し無駄なクリリックを削減

になります。

西川 智哉

1978 年生まれ、大学卒業後化学品製造会社、専門商社で勤務。営業、開発、総務、企画の業務を経験。経営コンサルタントとして、年間400超の案件及び経営相談を...

プロフィール

関連記事一覧