WEB更新代行サービスの活用や注意点

ホームページ

この記事の目次はこちら

WEBでの定期的な情報発信は重要

今後もネット社会は進み「自社への入口」としてWEBサイトの重要性は高まっていきますので、WEBを定期更新していくための今後の方策を検討しておくべきでしょう。
WEBサイトの更新がストップしていると活気がないという印象になりマイナスです。計画的にしっかりと情報発信をしていきましょう。

人手不足をWEB更新代行で補う

一方で、人手不足が経営課題となる状況において、自社WEBサイトの更新担当者を社内に置くか外注するかで悩まれている企業様も多いかと思います。
以下の様な悩みを抱えている事業者様はWEBサイト定期更新代行を検討してみても良いかと思います。

・定期更新せずそのまま放置してしまっている
・今後を見据えると社内に置いた方が良いが適任者がいない
・社内で更新しているが成果が見えず非効率となっている。

餅は餅屋に任せると考えでWEB更新代行サービスを活用することは人手不足解消にも貢献します。

WEB更新代行の活用方法

前述の通りWEBサイトでの情報発信の重要性は高まっていきますので、将来的には自社内である程度更新していける事を目指す事が望ましいといえます。その為、WEB更新代行は、そのノウハウが蓄積するまでの助走期間ととらえる方が良いです。

WEB更新代行会社選びの注意点

WEB更新代行会社の中には特定の会社の「独自WEBシステム」を使用し構築してしまう事があります。そうなると後々「その企業の言いなり」になってしまうリスクがあります。
ある企業は、WEB制作企業S社と契約し独自のWEBシステムを利用する代わりに安価にWEBサイトを構築してもらいました。
ところが、その後の「更新対応」や「バージョンアップ」等でS社と意見が食い違ってしまい、他社に乗り換えようとしましたが、乗換えのハードルが高く結局諦めてしまいました。
これは、顧客を囲い込むための「S社の戦略」なのですが、あまりにも時代遅れのシステムをS社に依存しながら使い続ける事によるデメリットは大きいといえます。
この様な事を避けるため、WEBサイト構築時は、「オープンソースのWEBシステム」であったり、「汎用性が高いWEBシステム」を使用して構築する事が重要です。

「契約」や「管理画面」は自社で管理する事が重要

WEBサイトを構築する場合、「ファイルサーバ」、「ネームサーバ(ドメイン取得)」をサーバ会社と契約します。これらサーバの中に、必要な情報を入れる事でWEBサイトが出来ているのです。
ここで注意したいのが「サーバ会社との契約や請求書は自社で管理する事」、「管理画面のURL、ID、PWを自社で管理する事」です。
業者まかせにしておくと、「業者のいいなり」になってしまったり、「万一業者が事業を撤退した場合、更新が出来ない」等にいたるケースもあります。

WEB更新代行は戦略パートナーと考える

WEB更新代行にアクセス解析は必須

WEBサイトはデジタルデータで出来ているので、測定装置(=タグ)を仕込んでおけば結果測定が出来ます。
「どこから来た?」「どんな人が来た?」「SNS、検索とか、どんなルートで来た?」「どんなキーワードで来た?」「いつ来た?」「WEBサイトのどこに興味を持った?」「どのボタンを押した?」「どの広告から来た?」
この様に、WEBサイトを強化していく上で「参考にすべき情報」がいっぱいあります。
簡易的にアクセス情報を知ることが出来るツールもありますが、「Googleアナリティクス」等を設置し詳細な情報を把握・分析するべきでしょう。

SEO対策にブログを活用する基本ポイント
https://bti.tokyo/b-54

ビジネスモデルを共に考えるパートナーを選択

WEBサイトの定期更新代行は、アクセス解析データを見ながらどのような情報発信をしていくか等を相談可能な業者を選択すると良いでしょう。
変更箇所をそのまま修正するのであれば自社内で実施した方が早い場合もあります。
また可能であれば、ビジネスモデルの改良、フロント商材の作成、WEB以外のプロモーションとの組み合わせ等の戦略面を相談しながら進めると効果的です。

主に以下のような基準で探されればよろしいのではないでしょうか。

・汎用性の高いシステムか否か
・アクセス解析のフィードバックがあるか
・戦略部分の相談も可能か

西川 智哉

1978 年生まれ、大学卒業後化学品製造会社、専門商社で勤務。営業、開発、総務、企画の業務を経験。経営コンサルタントとして、年間400超の案件及び経営相談を...

プロフィール

関連記事一覧